保育の特色

この上伊那にまだ十分な保育園がなかった頃、0歳や1歳のお子さんを 抱えたお父さんやお母さんが、自分たちでアパートを借り、 3人の園児で保育園を始めました。それがつくしんぼ保育園のはじまりです。 1969年2月のことです。

園を維持するにも市や県からの補助は少なく、運営はたいへん困難でした。 ただ託児があればよいのではなく、 子供の成長を大切にした園にしたい。 でも保育内容や施設の充実には、どうしてもお金がかかります。 そこでつくしんぼ保育園では、おうちの方々が一緒にシクラメンなどの 販売事業や施設の整備作業などをして、 力を合わせて運営しようという気風が生まれました。

●子供たちの健やかな成長と発達とともに、働く父母たちの権利を守れる保育園を
●一人ひとりを大切にする手厚い保育のために、すべての家庭の協力で運営を
●保育・子育てについて要求を持つさまざまな人々と、手をつなげる取組みを

そんな願いに支えられ、今では毎年約80人のお子さんが通う保育園になりました。 外遊び重視でしっかり体をつくる保育、手作りのあたたかい給食、 産休明けの保育などの創立以来の特徴には、お子さんを思うご家庭の願いが生きています。
子どもをとりまく社会、教育や福祉は、今たいへん大きく変化していますが、 多くの方といろんなことを話し合いながら、一緒に子育てをしていきたいと思っています。

保育の理念

・健康で意欲的に活動できる子
・よく見て、よく聞き、よく考える子
・豊かな感情を素直に表現できる子
・友達と協力し、友達のことを思いやれる子

手厚い保育

0歳児には、園児2人に対して保育者1人を配置するなど、手厚い保育をしています。

丈夫な体づくり

天気のよい日には季節を体で感じながらお散歩や外遊びをします。 また体力と抵抗力のある体を作り、しっかりと歩く力をつけるため、 薄着と裸足を奨励しています。

保育には、リズム運動を取り入れています。
自分の耳で音を聞き、判断して体を動かす中で、集中力が高まり、 他の活動への意欲も育ちます。

こだわり給食

給食には、添加物の少ない旬の食材を使用しています。
毎日炊きたてのほかほかご飯、薄味で素材の旨みを大事にした献立や、 しっかり噛む力を育てる献立など、工夫をこらした愛情たっぷりの給食です。

動植物とのふれあい

生き物や自然とのふれあいは、豊かな感情をはぐくみます。
園庭には、うさぎのミミがいて楽しみながら世話をしています。
また、畑では、ジャガイモやサツマイモ、トマトなどのいろいろな野菜作りを通して、 収穫の喜びを分かち合います。

トップページ


社会福祉法人 みおつくし会 つくしんぼ保育園
〒396-0022 長野県伊那市御園587-2
TEL 0265-78-4157    FAX 0265-76-3294
Copyright(C)2008 つくしんぼ保育園 All Rights Reserve